税理士

資格の詳細と特性

税理士は、税に関する相談や税務文章の製作にあたる、税務分野の専門家。税務を通して、企業の経営指導や会計の顧問等も行ないます。また、個人経営者が確定申告や相続税等を依頼する場合もあり、こうした税務関係の仕事は税理士のおおかた独占市場となっています。税理士の顧問報酬は、資本となるお金500万円未満の法人では年間約60万円。お客さんが10件あれば年収で600万円となって、開業5年で年収1000万円も夢ではありません。

資格の必要性と未来性

企業は合理的な納税をし、少しでも節税したいと考えているため、税務の専門家である税理士の需要は今後も安定していくでしょう。資格者の大半が独立を果たしていますが、資格取得後は税理事務室や会計事務室にしばらく勤務し、お客さんをつくってからが開業するのが望ましいといえます。また、最近では税務コンサルタントや国際派税理士、企業内税理士として活躍する人も増えています。企業によっては試験に合格すると報奨金が出るところもあるほどで、社内の評価が高まることは確実です。

目指せる仕事

税理士

資格の取り方

税理士試験は、科目別合格制をとっていて、5科目を1度に受験する必須はありません。毎年1科目受験することもできます。

税理士試験の概要

目的

 税理士試験は、税理士となるのに必須な学識及びその応用能力を有するかどうかを判定することを目的として行われます。

試験科目

 試験は、会計学に属する科目《簿記論及び財務諸表論》の2科目と税法に属する科目《所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税》のうち受験者の選択する3科目《所得税法又は法人税法のいずれか1科目は必ず選択しなければなりません。》について行われます。

 なお、税理士試験は科目合格制をとっていて、受験者は一度に5科目を受験する必須はなく、1科目ずつ受験してもよいことになっています。

合格

 合格基点点は各科目とも満点の60パ-セントです。

 合格科目が会計学に属する科目2科目及び税法に属する科目3科目の合計5科目に達したとき合格者となります。

受験資格

学び方

スクール、通信レッスン

勉強期間の目安

7カ月〜5年

試験詳細

科目合格制なので1科目ずつでも受験でき、何年かかっても5科目に合格すれば資格を取得することができます。

  • 簿記論・財務諸表論、2科目必須
  • 所得税法・法人税法、いずれか1科目必須
  • 相続税法、
  • 消費税法または酒税法、
  • 国税徴収法、
  • 住民税または事業税、
  • 固定資産税、

3~7までの2科目選択、ただし四番目と六番目はいずれか1科目しか選択できありません。

試験日

年1回 8月上旬の3日間

受験費

3,500円《1科目ごとに1,000円加算》

合格率

簿記論14.9%、財務諸表論18.5%《2006年度の必須2科目の合格率》

推定所得

年収400万円〜2,000千万円

取得者の動向

20代半ば〜30歳前後の人に最も大量に、女の人や独立志向の受験者も増えています。簿記やファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、中小企業診断士等とのダブル取得者も多いです。

資格が開始した年月

1951年

問い合せ先

国税審議会税理士分科会

〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1 国税庁内

TEL:03-3581-4161《代表》

こんな資格を修得するべき! 資格取得、合格応援サイト!