こんな資格もオススメです!

英語

 なんだかんだ言って一番役に立ちつぶしが利くのが「英語」です。資格ではありませんが、非常に人気かつ役に立つと言われている英語ですが、実際に「英語」を習っていると答えた人も25.5%もいるそうです。業務にも役に立ち、キャリアにとっても不便なしの「英語」を何とか身につけておきたいですね。

弁護士

 弁護士。もちろん簡単な道ではありませんが、社会情勢に関係なく高所得が期待できる資格であることは間違いありません。また、最近、日弁連が行った調査によれば、弁護士登録後5年目の所得の中央値は857万円であり、以前の調査よりも100万円ほど下がっています。ただ、それでも十分に高給取りといえますね。

アクチュアリー

 いま、もっとも必要性が高いのは“アクチュアリー”という資格です。わかりやすくいえば数理のプロフェッショナルです。保険企業や信託銀行で、保険商品、年金に関する収支計算、将来収支予測等を行うのが仕事。“アクチュアリー”には研究会員・準会員と正会員がいて、正会員の数はわずか1300人ほど。数が少ないのもあり、必要性は高止まりしています。

企業が求める資格とは?

企業が応募者に求める資格のトップは日商簿記2級。経理求人を中心に求められていて、企業は経理仕事に関する基礎理解を測る物差しとして見ています。

転職・独立希望者必見!第二の人生でお金が取れる資格

ツブシがきく日商簿記1級。企業活躍にともなうお金のフローを記録するのが簿記で、その仕事を行うための知識や技能を測る検定となっています。いわゆる地味な仕事の代表格ですが、業種や企業規模を問わずビジネスの基礎教養として使えます。検定資格だけで独立することは難しいものの、ツブシがきくことが一番の強みです。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

Word、Excel、PowerPoint等の利用能力を証明する資格、マイクロソフト オフィス スペシャリスト( MOS )

販売士検定2級

販売士検定 試験の合格者には、「販売士」という称号を付与していますが、販売士はまさしく「販売のプロ」といえます。激動する流通業界で勝ち抜くための必須の資格・検定であり、「流通業界で唯一の公的資格」として社会的にも高い信頼と評価を得ています。

特殊無線技士(陸上第3級・海上第3級)

中小企業診断士

 中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する国家資格です。「経営の診断及び経営に関する助言」を仕事としていて、中小企業に対して経営課題に対応するための診断・助言を通じて、課題解決のためのコンサルティングを行います。日本では、中小企業の比率がとても高く、中小企業が日本経済を支えていると言っても過言ではありません。従って、中小企業診断士の必要性は今後さらに高まっていくと考えられています。

国内旅行仕事取扱管理者

 旅行仕事取扱管理者は、観光業界で唯一の「国家資格」。有資格者は、旅に関する豊富な知識・技術を有したプロとして国から認められます。

 資格は全国で通用し、一度取得すれば生涯有効。観光業界への就転職、キャリアアップにも有利! 取得すれば、あなたの大きな財産となる資格です。

 旅行仕事取扱管理者は、旅の企画立案や取引・実施にまつわる範囲広い仕事を扱うことができます。旅行を総合的にプロデュースし、お客様に旅の感動と喜びを提供できる、やりがいあふれる仕事です!

貸金仕事取扱主任者

 貸金仕事取扱主任者(かしきんぎょうむとりあつかいしゅにんしゃ)とは、国家試験である貸金仕事取扱主任者資格試験に合格し、主任者登録を完了した者となっています。2010年6月17日以前は研修により取得する民間資格でありましたが、同年6月18日より旧主任者資格は貸金業法4条施行により終了し、新たに国家資格の制度として開始しました。移行措置等は無くて、旧主任者研修修了者の資格を保有している者も再び、国家資格試験を受験し合格をする必須がありました。

中小企業診断士

中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する国家資格です。「経営の診断及び経営に関する助言」を仕事としていて、中小企業に対して経営課題に対応するための診断・助言を通じて、課題解決のためのコンサルティングを行います。日本では、中小企業の比率がとても高く、中小企業が日本経済を支えていると言っても過言ではありません。従って、中小企業診断士の必要性は今後さらに高まっていくと考えられています。

危険物取扱者乙種

 危険物取扱者の仕事

 甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。又甲種もしくは乙種危険物取扱者が立ち会えば危険物取扱者免状を所有していない一般の者も、取り扱いと定期点検を行うことができます。

 丙種危険物取扱者は、特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油等)に限り、取り扱いと定期点検ができます。

秘書検定

 財団法人業務技能検定協会が経営・実施する検定。文部科学省後援。一般に秘書検(ひしょけん)や秘書検定と言った場合、これを指すことが多いです。年間2回実施されます。ただし、3級および2級は、年に3回実施されるようになった。

貿易業務検定C級

独りよがりの力量ではなく、自他ともに認める貿易業務のエキスパートとしての能力・知性を客観的に測る検定試験です。

試験にはC級、B級、準A級、A級とあり、受験生の能力に応じて受験することができます。

会計ソフト業務能力試験1級

 会計ソフト業務能力試験1級は、会計ソフトを利用した実技試験を行い、コンピュータ・簿記経理の知識および会計ソフトの運用に関する応用的な能力 を認定します。会計ソフトを利用するうえで必須なコンピュータの応用的知識と、簿記経理に関する業務上の体系的知識(日商簿記2級程度より上の知識および各 種税務知識)を有し、会計ソフトを活用した会計仕事に関して、指導的な立場で管理、運用できる能力が求められます。

知的財産管理技能検定

知的財産管理技能士(ちてきざいさんかんりぎのうし)は、技能検定制度の一種rで、国家資格となっています。略称は知財技能士。 仕事能力開発促進法第47条第1項により厚生労働大臣が指定する指定試験組織(一般社団法人知的財産教育協会)が実施する知的財産管理に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。2008年に技能士に新たに追加された職種となっています。

色彩士検定(1~3級)

 色彩士検定は、「社会的評価として色の知識や認識を評する」検定で、仕事あるいは実生活における「色」の役割をどこまで理解しているかが求められる資格です。

 この資格を有すると、カラーコーディネーターやインテリアデザイナー、ファッション関連等殆どの発展が見込めるでしょう。例えば、法人向けカラーコンサルティングなんていう働き方もあるかもしれませんね。

 年収相場は不定ですが、未来性・発展性ある優良な資格だと思います。

 試験は、理論問題と実技試験。合格率は3級75%、2級55%、1級平均20%程度とされ、2~3級までは比較的難易度低めです。

葬祭ディレクター

 葬祭ディレクターは、葬祭業界で働く人にとって必須知識や技能レベルを審査する制度。葬祭ディレクション仕事は超高齢化社会の日本において、社会的必要性を増している仕事です。

 価値観の多様化から画一的な葬儀だけではなく、今後より範囲広い知識と柔軟な発想が必須。ただ未来性は抜群だと言って良いでしょう。

 試験は、学科試験と実技試験。合格率は、1級63.8%、2級73.9%となっており試験対応は必須かと思われます。

クリーニング師

 クリーニング師は、読んで字の如く「クリーニングの専門家」に相応しい技能者を認定する資格です。クリーニング店は、その事業所ごとに1人より上の資格者を置かなくてはならないため、この資格を取れば食い扶持になるかもしれません。

「全国クリーニング生活衛生同業組合連合会」の発表によると、平成24年度の全国クリーニング事業所は約120,000ヶ所(取次ぎ店含む)とのこと。働き口はまだありそうですね。

全国的な比率では福井県、富山県、山形県等日本海側の方が商店数が多い模様。年間雪日数が大量に、年間日照時間が短い同地は利用者も多いので盛んなのですね。

 試験は、学科試験と実技試験。合格率は、70~80%と易しい部類に入る資格です。狙い目かも。

余暇生活相談員/余暇指導開発士

 余暇生活相談員は、端的に言えば「余暇時間を有効活用できるように助言する」お仕事。主な仕事は、自治体と連携して「余暇」をテーマにしたイベント主催等でしょうか。

 ボランティア的成分が強い仕事なため、マネタイズするにはイベント企業の立ち上げや法人専門の相談員として仕事を請け負う等+αの成分が必須。

 ただ現在の日本は余暇に対する考え方が変わりつつあり、今後の活躍に期待が高まります。上位資格の「余暇指導開発士」なら、より秀逸な武器になること間違いなし。

 試験は、主催団体の通信レッスン及び文章審査等 合格率:90%より上と合格率高(余暇生活相談員の場合)

東京シティガイド

 東京シティガイドは、首都・東京の成り立ちや、そこから生まれた文化等を学んで海外や国内のお客様に紹介できる人材を認定する資格です。

 特段仕事はなさそうなのですが、合格すると定期会合で穴場スポットや最新ニュースを収集できるため、それをデートや合コンで使えばめちゃくちゃモテる可能性アリ。

 最終的に高所得の奥さんを貰って、「主夫」になれるかもしれない素敵な資格です。ある意味で最も食い扶持になる資格なのかもしれません。

 試験はマークシート式のテスト。合格率は、87.3%と易しいです。

こんな資格を修得するべき! 資格取得、合格応援サイト!