ファイナンシャルプランナー

資格の詳細と特性

 ファイナンシャル・プランナー(FP)は個人のライフプランにもとづき、最適なファイナンス資産の形成と管理、効率的な運用プランを助言する仕事です。ファイナンス、財務、税務等資産設計に関する知識だけではなく、プライバシーに関わることをあつかうため倫理観も必要になりますファイナンシャル・プランナーの資格には、普通資格のAFP資格と上級資格のCFP(R)資格のほか、国家資格のファイナンシャル・プランニング(FP)技能士があります。これらは別の資格ですが、2002年4月に試験制度が改正され、両者がリンクするようになってきています。

資格の必要性と未来性

 個人のファイナンス資産の増大、ファイナンスの自由化・多様化、高齢化社会の到来等を背景に、ファイナンシャル・プランナーの必要性は日増しに高まってきています。ファイナンシャル・プランナーは大分すると、企業に属して活躍する「企業系」と、独立して活躍する「独立系」に分かれます。日本では「企業系」が多数を占めていて、とくにファイナンス業界や不動産業界等で導入する場合が増えています。さらに、ファイナンシャル・プランナー資格があつかう保険や年金、税金等は、私たちが暮らしていくうえで欠かせないものとあって、自分に投資力つける目的で資格を取得する人も増えています。

 FP資格は大きく3つに分けられます。1つは2002年4月、仕事能力開発促進法に基づき生まれた国家資格の「ファイナンシャル・プランニング技能士」。ファイナンシャル・プランニング技能士資格は「ファイナンシャル・プランニング技能検定」の合格者に与えられる資格であり、1級技能士から3級技能士までの等級があります。その他、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が認定する民間資格としてAFP(国内資格)、CFP(国際資格)等があります。

目指せる仕事

 ファイナンシャル・プランナー

資格の取り方

 AFP資格は所定の認定研修を修了後、AFP資格審査試験(2級FP技能検定)に合格し、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会に登録するとAFP資格が与えられます。CFP(R)資格はAFP資格取得者に受験資格が与えられます。

※AFP(AFFILIATED FINANCIAL PLANNER(R)、アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー(R)):NPO法人日本FP協会の登録商標。

※CFP(R)(CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、サーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)):CFPボードの登録商標で、ライセンス契約の下にNPO法人日本FP協会が使用を認められています。

受験資格

〔AFP資格〕日本FP協会認定のAFP認定研修レッスンを修了した者

〔CFP(R)資格〕AFP資格取得者

学び方

 協会が認定するスクールや通信レッスン

勉強期間の目安

 3カ月〜6カ月(AFP資格の場合)

試験詳細

〔AFP資格〕

学科試験(2時間、60問)

(1)ライフプランニングと資産計画、(2)リスク管理、(3)ファイナンス資産運用、(4)タックスプランニング、(5)不動産、?相続・事業承継

実技試験(90分、40問)

(1)関連業法との関係および仕事上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング、(2)ファイナンシャル・プランニングのプロセス、(3)お客さんのファイナンス状況の分析と評価、(4)プランの検討・製作と提示。

〔CFP(R)資格〕 1課目2時間(50問) 4択形式(1課目ずつの受験可)

ファイナンス資産運用設計、不動産運用設計、ライフプランニング・リタイアメントプランニング、リスクと保険、タックスプランニング、相続・事業承継設計の6課目

試験日

〔AFP資格〕 年3回 1月、5月、9月

〔CFP(R)資格〕 年2回 6月、11月

受験費

〔AFP資格〕 学科4,200円、実技4,500円(非課税)

〔CFP(R)資格〕 1課目5,250円(税込)

なお、協会認定の認定研修の受講料の目安は10万円前後

合格率

学科⇒20~25%程度、実技⇒50%程度

推定所得

年収300万円〜2000万円

取得者の動向

銀行、保険、証券等のファイナンス業界関係者が大半。また、弁護士、税理士等の受講も多いです。

資格が開始した年月

1993年

問い合せ先

特定非営利活躍法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-20 虎ノ門実業会館6F

TEL:03-3500-5533(代表)

まとめ

 保険の営業等は成果報酬型のため年収は300万円~1000万円より上等、触れ範囲はかなり大きいが年収上昇を期待できる職種。資格取得をすると企業によっては手当てが出ることもあるため、月給の底上げになること間違いなしです!ファイナンス・不動産系の仕事ではおおかた必須の資格のため、仕事の範囲が広がるだろう。仕事にたとえ活かせなくても、日常の保険の見直しや住宅ローンの見方等、暮らしに役立つ資格としてお金に強くなるという利点も得られるまさしく一石何鳥ものコストパフォーマンスの高い資格!

こんな資格を修得するべき! 資格取得、合格応援サイト!